検査内容

下層ページタイトル画像

検査内容

加西事業所は各種持ち込み検査にも対応しております。
2.8tホイスト、1.5tフォークリフト完備ですので
重量物の試験体もお持込みいただけます。

  • 放射性同位元素許可施設
  • 放射性同位元素許可施設

放射線透過試験

放射線透過試験は、放射線が物質を透過する性質を利用した検査方法です。弊社ではX線とγ線(Ir192)を使用して撮影を行っています。

持ち込み対応可

加西市に持込検査に対応した検査場があります。
2.8tホイスト、1.5tフォークリフトを完備していますので重量物の受け入れも可能です。

超音波探傷試験

超音波探傷試験は、超音波を使った検査方法で、異なる物質に当たると反射するという特徴を利用して金属内部のきず検出します。

磁気探傷試験

磁気探傷試験はきずのある部分から漏洩した磁束に磁粉が吸着する現象を利用した検査方法です。
金属(強磁性体)が対象となります。

浸透探傷試験

浸透探傷試験は、毛細管現象をうまく利用した検査方法です。金属や非金属材料の表面に存在する微細な欠陥を検出するための非破壊検査手法です。金属以外にも適用できますが、表面に開口したきずが対象です。

蛍光X線材料分析(PMI検査)

PMI(Positive Material Identification)検査は、蛍光X線のエネルギーが元素ごとに固有のものであることから、対象試料の蛍光スペクトルを見ることで構成元素の分析が可能となります。また、スペクトルの強度を測定すれば、対象試料中の特定元素の濃度も分かります。

厚み測定

超音波探傷試験は、超音波を使った検査方法で、異なる物質に当たると反射するという特徴を利用して厚み測定を行います。

硬度測定

硬度測定は、金属の硬度を測定し材料特性を評価します。
弊社ではエコーチップ他(ポータブル測定器)、据置き式硬度測定器(ビッカース、ブリネル)を完備しています。

溶接後熱処理(PWHT)

溶接後熱処理(PWHT)は、溶接構造物を昇温して溶接残留応力の原因となっている固有ひずみを低減し、熱処理後に残存する残留応力を低減しようとするものである。

お問い合わせ

ご質問・ご相談等ございましたら
お気軽にお問い合わせください。

079-426-9711

営業時間:平日8時15分〜17時

お問い合わせ